ホーム > M字はげ > M字ハゲであることへのコンプレックス

M字ハゲであることへのコンプレックス

私は20代の女ですが幼い頃からM字ハゲに悩まされていました。

これは父親の家系がM字ハゲの人が多くおそらくこれは父親譲りの遺伝だと思いますがだんだん自分が成長するにつれて可愛い洋服が着たい。こんな髪型にしたい。とおしゃれに目覚めた時、前髪をあげることに抵抗を感じるようになりました。

前髪をあげたヘアスタイルにしたいと思っても周りの目が気になりなかなか、できなかったり横分けにしても、髪が薄く周りの子が羨ましく思うこともありました。

それが自分のコンプレックスで親を何度も責めたこともありますがこればかりは仕方ないですね。

逆に申し訳なかったという気持ちでいっぱいです。

今となっては、これが自分なのだからM字ハゲであるというコンプレックスを受け入れるしかなく現在は、それほど気にはしていません。

前髪をあげるにしてもヘアバンドやターバンなどでM字の部分を上手く隠しポニーテールするなどしてお洒落を楽しんでいます。

M字ハゲ育毛剤コム

関連記事

  1. M字ハゲであることへのコンプレックス

    私は20代の女ですが幼い頃からM字ハゲに悩まされていました。 これは父親の家系が...

  2. M字はげにAGA治療を試してみた

    若いころからM字はげの兆候があり、近年は加齢にストレスが加わった結果、M字のエッ...